アフターピルと低用量ピルを使い分けよう!

\90秒で注文完了/トリキュラーの購入はこちら

アフターピルのイメージ想定していない妊娠を避ける方法として、コンドームだけでなく低用量ピルを使う女性は増加しています。

これは、女性の社会進出や女性の立場が向上したことが大きな要因と言えるでしょう。

予期せぬ妊娠をしてしまった場合、仕事などにも大きな支障が出てしまいますし、社会制度が整ってきているとはいえ、妊娠出産からの社会復帰というのはそう簡単なものではありません。

ですから、低用量ピルなどをつかって計画的に避妊を行い予期せぬ妊娠を避けるようにしているのです。

適切に継続して服用を続けることができていれば、ほぼ100%の確率での避妊は可能です。

しかし、低用量ピルを使っていても、飲み忘れなどによって妊娠してしまうリスクはあります

そんな避妊に失敗してしまった時は諦めるしかないのかというと、そういうわけでもありません。

このページでは、そんな避妊失敗時でも避妊ができるアフターピルについて紹介します。

 

アフターピルは事後でも避妊ができる緊急避妊薬

通販を利用した女性低用量ピルやコンドームの利用は事前に準備をして避妊を行う方法ですが、それとは逆に避妊に失敗してから避妊を行う事後避妊があります。

その方法というのが、アフターピルを用いた方法です。

避妊失敗後に、アフターピルを服用するだけで避妊ができるというもので事後ではありますが、避妊確率は95%以上と非常に高い避妊率を誇ります。

事後でも避妊ができるなら、低用量ピルなど煩わしいものを使わずこれを使っていればと考える人もいます

しかし、この事後避妊には様々なリスクがあります。

そのため、恒常的に事後避妊を行うようにするのではなく、あくまでも失敗時の保険として考えておくとよいでしょう。

避妊のメカニズムは基本的に同じ

低用量ピルを使って行う避妊とアフターピルを使って行う避妊に違いはありません。

低用量ピルの避妊メカニズムは、徐々にピルに配合されたホルモンを取り入れることによってホルモンバランスを妊娠時と同じような状態にすることで、身体に妊娠していると勘違いさせそれ以上妊娠するのを防ぐという方法でした。

アフターピルも、服用することでホルモンバランスを妊娠時と同様にし、妊娠しない状態にするのです。

では、低用量ピルは事後避妊ができずにアフターピルが事後避妊できるのはなぜなのでしょうか?

トリキュラーとの違いは成分量にアリ!

トリキュラーは低用量ピルという名称からもわかるように、ピル1錠に配合されている成分量は非常に少なくなっています。

少しずつ体にホルモンを取り入れ、ホルモンバランスの変化を最小限に抑えながら変化させていきます。

その結果、ホルモンバランスの変化による副作用のリスクが小さくなっています。

一方のアフターピルは、中用量ピルや高用量ピルとも呼ばれます。

この名前を見ればわかるように、アフターピルに配合されている成分は低用量ピルよりも遥かに多く、一度服用することによって一気に体内のホルモンバランスに変化を与えます

急激なホルモンバランスの変化があるため、低用量ピルよりも副作用リスクが非常に大きくなっています。

低用量ピルは副作用を感じたことがないという人でも、アフターピルでは非常につらい副作用に悩まされるということもあります。当然、副作用には個人差があるので低用量ピルでも副作用が辛いと言いう場合は、アフターピルの副作用は尋常ではないものになるでしょう。

トリキュラーと違って時間制限がある

通販を利用した女性トリキュラーは毎日服用することで避妊効果を発揮します。

毎日服用しなければ避妊効果自体を発揮できなくなったり、飲み忘れてしまうと避妊効果が弱まります。このように使い方が決まっているので適切に使う必要があります。

アフターピルにも、効果的に使うための使い方が決まっています。

その使い方というのが、避妊失敗後に速やかに服用することです。

アフターピルには避妊が可能な時間的な制限があります

24時間以内であれば95%以上の避妊率を誇りますが、時間が経過するほど避妊率は低下し72時間経過後では避妊率は著しく低下します。

これは、受精後に着床するまでに72時間かかると言われているためです。

そのため、アフターピルを使って事後避妊を行う場合は何よりもスピードを重視する必要があります。

 

身体への負担は非常に大きいが唯一無二

通販を利用した女性アフターピルは低用量ピルと違い、事後避妊が可能なものです。

その分、副作用のリスクなど体への負担は非常に大きなものになるので、常用できる物ではありません。

しかし、事後避妊するための唯一の方法ではあるので、いざという時の為に備えて持っておくのは非常に有用といえます。

トリキュラー通販などでも低用量ピルと一緒にアフターピルを取り扱っているということは多いので、いざというときの為に1つ準備しておくようにすると、より確実な避妊が可能です。

トリキュラーの購入はこちら

未分類
トリキュラー通販を利用すれば安心!|トリキュララー
タイトルとURLをコピーしました